チャイルドケア・インストラクター資格試験の合格率

  • チャイルドケア・インストラクター資格試験の合格率

    • チャイルドケア・インストラクターという資格があることは、一般的には広く認知されていませんが、子供と向き合う仕事には重要な資格です。

      メンタルヘルスマネジメント検定 受験資格について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

      チャイルドケア・インストラクターとは、チャイルドケアを実践するために必要不可欠な知識を身につけ、その知識を他者へ指導できるということを証明するためのJAA認定資格です。
      資格を取得することで、インストラクターとしてチャイルドケア認定加盟校に登録でき、講師活動の幅を広げることが可能となります。まず、チャイルドケア・インストラクターになる条件として、チャイルドケア・コーディネーターの資格を持っていることが必須となります。

      朝日新聞デジタルってとにかくお勧めなんです。

      そして、チャイルドケア・インストラクターを目指すには、チャイルドケアに対する7つの基本コンセプトを深く理解する必要があります。


      コンセプトとは、子供を取り巻く環境を考える、育児と同様に育母をするなどが挙げられます。

      これらの知識を得るには、講座を受講する必要があります。試験の合格率は約30%と決して高くはありませんので、しっかり学習をして知識を自分のものにすることが重要です。



      チャイルドケア・インストラクターの資格を取得することは合格率から見ても容易くはありませんが、この資格を持っていることで、チャイルドケアと深いつながりを持つ機関で働くことができたり、自ら教室を開いて教育に対する活動を行ったり、活躍の場を広げることが可能です。低い合格率に怯えず、挑戦する心が大切です。

  • 関連リンク

    • チャイルドケアという資格があることを知っている人は、それほど多くないかもしれません。チャイルドケアとは、赤ちゃんから小学校低学年までを対象とし、育児と自然療法を取り入れたケアについての知識を身につけることができる資格です。...

    • チャイルドケアは自然療法を取り入れたホームケアの普及と「育児」「育母」の楽しみ方をサポートすることを目的とした子育てに関する学習体系です。チャイルドケア・インストラクター(CCI)はこのチャイルドケアに関する7つの基本コンセプトへの深い理解と必要な知識を修得し、指導が行えるかどうかを評価するもので、チャイルドケアに関する団体が主催する民間の資格です。...